31%以上の方が再注文?!?ザーサイがとにかく安い♪

調べたら中国原産なのかは分からなかったが!アブラナ科の辛子菜の変種で茎を肥大化させて塩と香辛料で漬け込み出荷する!重慶の特産で日本でも茨城県つくば市や神奈川の三浦半島で生産はしているが葉と一緒漬け込みたまり漬けとして売っているようです。また!リピートです。店頭で買うと重いので!配達していただけるのはありがたい。

こちらになります!

2017年02月02日 ランキング上位商品↑

ザーサイ友盛貿易 四川極品ザーサイ(ホール) 500g

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

塩抜きをちゃんとすればつまみにおかずにと活躍してくれます。20分漬けおきとありますが、使う料理によっては時間を長めにしたり調整していいかも?と思います。ただ!自分は塩が抜け過ぎると不味くなるのが嫌なので途中の水変えでふたつまみ位の塩を入れて様子を見ます。また、リピートするつもりです。身体に悪いのは多分入っているでしょう。農薬とか除草剤とか日本の比にならないほど使っていると聞きますし、香辛料もそういった物から作られている訳ですしね。2: 厚さ1.5mm位にスライスします。今の所チャーハンの具材に主に使用。またかなり美味しいかったですと言っても主人が大好きなので試しに購入しましたが!本場のお味のような気がすると・・・ラーメンに入れたり!チャーハンにしたりしていたら!そのままビールのつまみにすると!アッとゆう間になくなりましたが大満足でした。袋から出すとすごい匂いがします!塩と香辛料漬けなので当たり前ですね!この香辛料はもったいないのですがまな板が真っ赤になるのでざっと水で落としてやり!好みの厚さに均一に切ってボールに入れて水に浸して12時間位冷蔵庫に放置!水を変えてその時にちょっと食べてみて確認して塩辛いならそのまま真水で10時間位浸してやればほぼ塩抜きは出来ています。。ちょっとしょっぱい位が良いと教わりました。このボリュームでこの価格はお買い得でした。ついでに買いも出来るし。 残りは野菜室で保存し、早目に2回目を作ってください。後は完全に水気を取り醤油を一振りして揉みゴマ油!ラー油と味の素を混ぜ揉み込みタッパーで保存します。美味しく召し上がれますように〜ザーサイ好きにはたまらん品です。また、リピートします。やはりこっちの方が本場って感じがします!安いし。パック裏の説明では20分塩抜きとありますが、これではしょっぱいな・・と思う方へ参考にレビューを書きます。塩抜きの方法はネットで得た知識を元に自分流にアレンジしたので参考になるか分かりませんが書いてみる。後はお好みで切ってチャーハンにしたり、ネギと和えておつまみにしたり色々出来ます。袋は真空パックですが!かなりザーサイ臭がするの(マイナス☆1つ)で!レジ袋を2重にして常温保存しています。急激に塩加減は変わらないので2!3時間位開けて味を見てやると良いです。先日のセール時にはちょっぴりお得だったので、5パック(追加2パック)=計7パック購入しました。まな板真っ赤になりますが牛乳パックの上で切っているので問題ないです。洗って切ってましたが今は洗わないでそのまま切って塩抜きしています。この商品はカルディさんの通常価格でも市場よりお安目です。ただいま!マイブームのザーサイでございます。また、リピートします。ただ500gはひと家庭においては!すこし量が多い為一株ずつの利用をおすすめします。まあ、気にしても死ぬ時は死ぬから良いやと思って食ってます。個人で好みの塩加減があるのでそこは調整するしかありません。ザーサイ好きですが!お惣菜のザーサイはほんのちょっとで200円くらいしますから!自作して冷蔵庫に常備しています。賞味期限は1年以上あるものが届きました。シンプルに塩と香辛料だけなので、炒め用とお漬物用など使いみちによって切り方や味付けを好きにかえることが出来る点が良いと思います。1: 半量(2個くらい)を袋から取り出して、外側の辛子を洗い流します。あ、塩抜きはちゃんとしないと本当に塩辛くて死にかねないのでちゃんとやりましょう。ザーサイはスーパーとかで売っているのを買っていましたが薄く切ってあるので歯ごたえがない!塩抜きが完全でなくしょっぱいとかあったのでどうせなら自分で塩抜きやんべと思い買いましたが安いですね!スーパーで売っている値段と同じでしかもこっちの方が量が多いし言う事ないです。自分はこの位のやり方でちょうど良かった。アマゾンでも同じ位の値段で売っていますが送料が高いのでこちらの方が結果的に良かったりします。一応2つ買って見たのですが1ヶ月で無くなりました。3: たっぷりの水に浸し、1時間ごとにもみながら水を変え、味見をしてください。 当方では2〜3時間ほど(すこし塩気が残るくらい)4:しっかり水切りし、中華味のする調味料、ごま油、朝天辣椒(超からい!)、 醤油、またはナンプラーなどで味を調える 手早く炒めて、シャキシャキ感が残るように。単に探さなかっただけですがどうしてもザーサイと言うと中国って言うイメージがありすぎて!安全性から言うと国産が望ましいのですが値段が高いです。残りがなくなったので!頼んだ。なんですが!その茨城県の隣県に住んでいても全く見かけません。